資格取得ナビ


資格取得ナビトップ >  ボイラー技士について
promo-short
promo-long
promo-first-time

ボイラー技士について

ボイラー技士って言うのは、国家資格になっています。 建造物なんかのボイラーの監視とか検査それに調整なんかの業務をしているます、これは安全を保つ為に欠かせない仕事なんです。になっています。 ボイラー技士は2級と1級それに特級の3種類があります、試験は全国の7カ所のセンターで受験出来るようになっています。 厚生労働省の指定を受けて、安全衛生技術試験協会でボイラー技士の資格試験を実施ししています、各級に応じ毎月又は年1回行っているそうです。 ボイラー技師の資格試験の2級これは毎月試験が実施されています、1級は年に10回実施されています、特級については年に1回だけ試験があります。 さて、毎月資格試験がある2級でも、ボイラーに関しての学科を3ヶ月以上実施修得した人とか、又6ヶ月以上の実技講習を受けている人だけ、 受験資格が与えられています。 ではボイラー技士の資格を持っていたらどんな仕事があるんでしょうか? それは、ビルとか工場などが主に活躍の場になるんです、ボイラーの取り扱いまた管理を行う技術者として業務をします。 2級の資格を習得していたら、だいたいのボイラーの取り扱いが可能になっています、でも大規模なボイラーの時は1級とか特級がないとだめです。 試験の仕方ですが、ボイラー技士の資格試験って言うのは筆記試験で行われます。 2級、1級、特級っていう3種類の資格があるボイラー技士って、全国7か所にあるセンターで試験を受けれます。 資格試験なんですが、2級は毎月、1級なら年に10回、特級については年に1回です。 ボイラー技士の資格の勉強も通信教育なんかでもやっているので興味のある人は資料を取り寄せてはどうでしょうか?
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 資格取得ナビ All Rights Reserved.