資格取得ナビ


資格取得ナビトップ >  危険物取扱者について
promo-short
promo-long
promo-first-time

危険物取扱者について

危険物取扱者の資格をとる為には、各都道府県が行っている「財団法人消防試験研究センター」で試験を受けないといけません。 まあ、資格習得の試験については日本全国で実施されているんだけれども、試験日というのは各センターで違うらしいんだよ、 なんで自分が受験する所がいつの日なのかって事を問い合わせしましょうね・・。 「危険物取扱者」の資格は甲種・乙種・丙種っていう3つの種類あって、各種類により受験資格も異なっているんですよ。 乙種と丙種に関しては特に制限ていうのはないのですが、甲種には大学などで化学に関しての学科を卒業した人とか、 授業科目を15単位以上修得した人って言う風に制限があるんだ。。 そうそう、乙種の危険物取扱者資格をとって、実務経験が2年以上であるなら甲種の試験を受けることが可能なんだそうだよ。 危険物取扱者の資格があったら、化学工場とかガソリンスタンド、または石油を貯蔵している施設なんかで、 危険物を貯蔵している機関で仕事が出来るんだよ。 じゃどんな仕事をするかっていったら、危険物を貯蔵してる施設です。 仕事内容はっていったら、施設での作業とか安全点検それに整備なんかが主にする仕事になってきています。 危険物取扱者の資格を取って甲種を目指す人も多いよ。 それに需要も多くあるんで、ここ最近資格習得を目指す人も多いんだよ。 合格率なんだけれども、危険物取扱者の乙種・丙種の合格率って言うのは半分程度(50%)だといわれているんだ。 甲種は少し難しいみたいで30%なんだってさぁ・・。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 資格取得ナビ All Rights Reserved.