資格取得ナビ


資格取得ナビトップ >  税理士を目指している人に・・・
promo-short
promo-long
promo-first-time

税理士を目指している人に・・・

税理士って聞いたことあるけれども、弁護士っていったいどんな事をするんだろうか・・ それは、、税務代理・税務書類作成・税務相談っていった事です、 この3つの独占業務に会計業務、租税に関した訴訟の補佐人なんかの仕事だそうです。 もう少し具体的に言うと、 税務会計のプロとしての企業の税務を代行したり記帳代行業務をしたりするそうだよ、後経営の安定とか発展のアドバイスもするんだって。 税理士って、会計制度とか申告制度が時代の流れで今では電算化されていて、 これからもますます変化していくかも知れないのでこれからはとっても需要が高い職業と言われているよ。 さて、、税理士になるにはどんな資格がいるんでしょうか? それは以下の3つの方法で取得できるんだよ。 1.国税庁の税理士審査会の税理士試験に合格する。   この税理士試験と言うのは、11科目の試験科目の中の、必須2科目それと選択必須を含めた計5科目に合格すると資格取得できるんだ。   税理士試験って1回で5科目全部に合格する必要はなくって、1科目ずつ合格していくって事も可能なんだ、   なんで・・長期計画をして最終的にすべて合格って事を目指してもいいのでは・・・。   そうだ、、税理士試験に合格してすぐには税理士として仕事は出来ないんだよ、2年以上の実務経験が必要なんだそれと税理士会への登録です。 2.税務署に一定期間の間勤務する事。   税務署に10?15年勤務していると税理士試験科目の中の税法科目が免除されるんだって。   それに23年間一定条件を満たし勤務していると、税法科目の他、会計科目も免除されて、指定研修が終わったら税理士資格がもらえるんだって。 3. 弁護士とか公認会計士の人だと、税理士会に登録さえすると税理士業務を行う事ができるんだそうです。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 資格取得ナビ All Rights Reserved.