資格取得ナビ


資格取得ナビトップ >  公認会計士ってどんな仕事
promo-short
promo-long
promo-first-time

公認会計士ってどんな仕事

公認会計士って名前は知っているけれども、公認会計士ってどんな仕事をするんだろう・・。 公認会計士の仕事は、会計とか財務、税理についてのスペシャリストです、監査それに税務とか会社経営なんかに関係している仕事なんだす。 公認会計士の仕事のひとつの「監査」という仕事は、 監査法人におき企業が作成してきた決算書が適正に作成されているか否かって事を判断する仕事なんだって。 監査業務って公認会計士しか行えない業務なんだって、まあ公認会計士試験に合格した人の大態の人は監査法人に勤めているそうだよ。 「税務」っていう仕事は、一般の企業で税理とか会計面でのスペシャリストとし実務関係のアドバイスをしていきます。 経営のコンサルタント業務なんかも専門的知識を持っている立場から行えるんです、 それに将来的に経営者として会社を伸ばしていくって事にも関われるしごとになるんだ。 公認会計士として監査法人に勤め場合、初年度の給料だけでも年収500万円前後程度あるんだって(すごいね)、 5年後はっていったら1000万円前後になっているんだって、収入面を考えたら魅力的な仕事になるよね。(まあ、その分大変なんだと思うけど) 公認会計士の資格試験って、短答式試験が 財務会計論 ・管理会計論・監査論・企業法の4科目それに論文試験が5科目でなっているんだって。 そうそう、2008年から上場企業には内部統制って制度が義務化されていて、今会計士はかなりの人手不足になっているそうなんですよ。 だからこの時期・・・公認会計士の資格をとる人は就職先に困らないのでは・・・§^。^§ また、一般企業でも公認会計士の資格を持っている人ならば、大歓迎じゃないでしょうか・・。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 資格取得ナビ All Rights Reserved.