資格取得ナビ


資格取得ナビトップ >  「社会保険労務士」ってどうしたらなれるの?
promo-short
promo-long
promo-first-time

「社会保険労務士」ってどうしたらなれるの?

社会保険労務士って仕事はとっても必要とされている資格なんだそうです。 この仕事は、健康保険とか雇用保険それに労災後は厚生年金なんかの書類の作成業務とかですが、 会社の事業主のかわりに提出手続なんかを行う業務なんです。 就業規則とか賃金規定の策定業務とか年金などについての相談それにアドバイスなんかも行うんだよ。 ねぇ結構たくさんの業務があるでしょ。。(会社の人に代わって色々役所に提出したりするんだよね・・) 「社会保険労務士」って、ここ最近の少子高齢化の日本の年金問題とか 不況なんかに伴って経営難になったり労使間なんかの問題の解決や、 新しくできた法律なんかを広く理解させたりって重要な役割を担っているんだよ、 それは国からであったり、また企業からであったり、個人からっていろんな所から求められているんだよ。 企業の労使間の問題では、リストラ・賃下げ・不当解雇、または移動なんかの相談とか、 個人からでは年金も問題とか介護保険なんかについての相談なんかもあるんで、 社会保険労務士って仕事は”コンサルタント”みたいな感じなんで需要なんです。 それに、最近労働保険や社会保険なんかの諸手続は電子申請化されていて社会保険労務士に手続をしてもらうっていう企業も沢山出てきているんだよ。 なんで仕事がなくなるってことは無いんだって・・・・(これから、もっと伸びる仕事じゃないのかなぁ・・) さて、社会保険労務士になる為に試験を受けないといけないんですが、受験資格がある人って大学での一般教養科目修了者、 短大卒、高専卒の人なんだそうです。 社会保険労務士資格試験ってどんなのかっていったら、 「労働基準法・労働安全衛生法」・「雇用保険法」・「労働者災害補償保険法」・「労働保険徴収法」・「国民年金法」 「健康保険法」・「厚生年金法」・「労務管理・その他一般常識」・「社会保険に関する一般常識」なんかの科目があるんだって。。 難しいのかも知れませんね・・・・合格率ってだいたい10%って狭き門になっていますが合格すれば安泰だよね・・。。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 資格取得ナビ All Rights Reserved.