資格取得ナビ


資格取得ナビトップ >  福祉住環境コーディネーターの仕事
promo-short
promo-long
promo-first-time

福祉住環境コーディネーターの仕事

福祉住環境コーディネーターとは、ここ最近の少子高齢化社会の日本の中で、 バリアフリー化が進んでいる中、今最も注目されて人気があるしかくだよ・・。 最近では高齢者とか障害者を取り巻いている環境なんかも、快適に過ごせるようにという思いで住宅改修する必要が出てきていたりするんです。 そんな人たちのために福祉とか医療それに介護、福祉用具・住宅改修なんかの知識を持っている各種専門家と連携をはかっていきながら 住宅改修プランをしていくっていうのが、福祉住環境コーディネーターの仕事になるんだ。。。 さて、そこで福祉住環境コーディネーターの仕事ってこんなのがあるんだよ。。 少し見てくださいね・・・ まずは、介護保険制度で住宅改修に関わるので、ケアマネージャーと呼ばれている人と連携して行う仕事があります。 その次には、福祉や保険サービスなんかについての情報提供とか、福祉用具や介護用品なんかの選択方法それに利用法なんかについて 使う人とかに助言していきます。 まあ、資格をとっても就職先は?って気になる所ですが、就職先っていうと、介護・保険の指定事業者の所や福祉施設、 後工務店とか住宅設備メーカーなんかもそうです。 福祉住環境コーディネーターの資格試験って、1級?3級まであって 3級っていうと福祉と住環境の関連分野についての基本的知識の理解度を確認しています。 2級って、3級レベルの知識+実務においての福祉と住環境の知識を生かせるように幅広い知識を身につけて、 各専門職の人と連携して具体的に提案ができるって能力がある人。 1級は、そりゃ2級合格者でないと受験資格はないよ。 2級3級+更に専門的知識を身につけて住宅改修の具体的プランニングの能力とか安全な街づくりなんかの為の能力が必要になります。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 資格取得ナビ All Rights Reserved.