資格取得ナビ


資格取得ナビトップ >  歯科技工士になるには・・・
promo-short
promo-long
promo-first-time

歯科技工士になるには・・・

歯科技工士って、どんな仕事をするかって言ったら、 入れ歯とか義歯とか差し歯なんかの制作とか、矯正装置の制作・修理なんかをする医療技術者になります。 歯科医から依頼されて仕事を行う事が多い仕事になってきて、今の歯科医療にはかかせない職業なんです。 さて、歯科技工士の資格習得なんですが、これは実習を受けて、厚生労働省が定めている試験を受験しそれに合格しないといけません。 この、歯科技工士の資格試験って各都道府県で年に1回だけ行われていて、学科試験・実務試験を2日間にかかって受けるんだって。 試験に合格したら、保健所に届けをだして歯科技工士名簿に登録されるそうです。 歯科技工士の資格を習得して、登録が終わったら仕事が出来るんで、結構就職先もあるんだって。 一般の歯科診療所だと歯科医師と歯科技工士が仕事を分担しているんで、 差し歯とか矯正器具をなんかを実際に使って患者さんに触れることも出来るってメリットもあるんだって。 そうそう、歯科大学の病院なんかでは歯科技工士の需要があって、高度技術と知識なんかが要求されているそうです。 それに歯科医から依頼されて制作する歯科技工所って資格を習得していると開設する事が可能になってくるんだって、 でもまあ、歯科技工士の資格を習得したらすぐに開業って人はあんまりいなくて、少し歯科技工所なんかで経験を積んでから、 技術を少し磨いて独立っていうケースが最近では多いそうだよ・・。。(^_-)-☆
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 資格取得ナビ All Rights Reserved.