資格取得ナビ


資格取得ナビトップ >  「宅建」って難しいけど・・・
promo-short
promo-long
promo-first-time

「宅建」って難しいけど・・・

みなさん、「宅建」って資格を取ったらどんな事が出来ると思いますか? それは、、、宅建主任者とし不動産業界なんかで不動産の売買とか交換、貸借契約なんかの仲介を行う事ができるようになるんですって。 不動産取引って契約締結の際の重要事項説明なんかは、宅建主任者じゃないと行う事ができないんだそうで、 不動産業界に勤務している人やしたい人は取得したほうが有利だよ。 そうそう、宅建主任者って従業員5人に1人以上の割合で宅建業者に必要になってくるんだって、ねぇ・・不動産業界への転職に有利みたいでしょ。 それとか、不動産業界以外でも金融業界でも不動産を担保として扱う時に宅建を持っていたら不動産の評価なんかに知識を生かす事ができるんでいいよ。 最近では一般の企業なんかでも会社が持っている不動産なんかを有効活用したりだとか、マイホームを建てる時に適正な取引が行えるとか 宅建の専門知識が活躍する場がたくさんあるよ。 でも、聞いた話によるとこの「宅建」の試験って難しいらしいよ・・・。(でも、頑張って合格すれば色んな仕事に有利になってくるよ) さて、、宅建の試験って4つの選択肢の中から1つを選ぶ形式の問題が50問あるんだって。 でも年齢とか学歴なんかは関係なく受験できるんで、誰でもOKです。 それに出題分野なんかの傾向をつかめば、そこを集中して頑張れば短期間で資格取得もできるかも・・・。 知り合いの人ですが、会社から帰ってきてからも結構遅くまで勉強してがんばってとっていました。 今では、あの時は諦めかけたときもあったけれども頑張ってとって今ではよかった・・って言っているんでとりたい人頑張って諦めないで がんば・・・だす。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 資格取得ナビ All Rights Reserved.