資格取得ナビ


資格取得ナビトップ >  事務系を目指すなら日商簿記はかかせない!
promo-short
promo-long
promo-first-time

事務系を目指すなら日商簿記はかかせない!

簿記って言うと、企業の日々の経営活動なんかを記録し整理して経営財政の状態を明らかに・・・ってことで、 経理事務の人には欠かす事のできない知識と技能になります。 それに、簿記を身に付けることで会計の知識なんかを元に財務諸表をみたら理解できたり、経営に関しての管理とかまたは分析なんかもすることができます。 一般に「簿記」って言ったら、日本商工会議所の「日商簿記」ですよね、これ確か1級?4級があったんだ。 私も、高校が商業高校だったんで受けましたよ・・・3級合格でしたけど・・まあ、役立ったかな。 日商簿記の1級って、税理士さんとか公認会計士さんなんかを目指すって人には欠かせない資格になってきますが、 大学卒業程度の商業簿記とか工業簿記それに原価計算ができるってことと、 財務諸表とか企業会計に関しての法律を理解し経営分析ができる事なんかが合格できるレベルってなるんだって。。(むずかしそーーう) 日商簿記の2級って言うと、高校卒業程度の商業簿記・工業簿記を身に付けていて、 3級っていったら商店とか中小企業の経理事務ができるレベルになるそうなんだ。 まあこれから習う人は4級から挑戦してはどうでしょうか? まあこの日商簿記の試験に合格したら履歴書にもかけるしさぁ。 それに正しく帳簿がつけられるし、また自社とか他社の経営状況なんかも把握できるし、即戦力として活躍できるよ。 まあ、経理を目指すなら必ずあったらいい資格なんで頑張りましょう(^o^)丿。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 資格取得ナビ All Rights Reserved.