資格取得ナビ


資格取得ナビトップ >  不動産鑑定士とは・・・
promo-short
promo-long
promo-first-time

不動産鑑定士とは・・・

名前は聞いたことあるんだ、「不動産鑑定士」この仕事ってどんな仕事をしているんだろうね・・。 それは、、、不動産の鑑定評価業務それにコンサルティング業務の2つを主な仕事内容としているんだよ。 さてそこで、初めの鑑定評価業務なんだけれども、公的評価と呼ばれる国や都道府県それに市町村、 裁判所など公的機関から依頼を受けて、不動産鑑定評価書を作成するのと、 個人とか企業の民間の依頼で不動産の売却とか購入の時の鑑定評価をだす民間評価って呼ばれるものがあるんだって。 さて次は、コンサルティング業務なんだすが土地の有効活とかマンションの立替、 あとは市街地の開発事業の権利調整なんかの不動産に関係するいろいろな相談を受けて、アドバイスをしていくんだよ。 では、、不動産鑑定士の資格をとるには、まず最初に不動産鑑定士試験に合格しないといけません。 でも、短答式試験に一度合格したら、2年の間は短答式試験が免除されるって制度があるんだ、だから社会人の人でも資格が取りやすいんだ。 だいたい不動産鑑定士の合格率って25%前後になるんだ、それで受験者の半数の人が30代以上に人なんだって。 まあ、この不動産鑑定士をとっていれば、独立開業もできるし公的評価の仕事があるんで安定した収入も得られるんで人気があるんだ。 そうそう、不動産関係の会社とか建設会社なんかでは不動産鑑定士の資格生かせることができるけれども、 金融機関とか官公庁それに商社でもニーズが高まってきているんだよ。。§^。^§
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 資格取得ナビ All Rights Reserved.