資格取得ナビ


資格取得ナビトップ >  電気工事士になるには・・・
promo-short
promo-long
promo-first-time

電気工事士になるには・・・

さて、、ここでは電気工事士についておはなししますね。 「電気工事士法」っていうのがあってそれによると 「電気工事の作業に従事する者の資格および義務を定め、もって電気工事の災害の発生の防止に寄与することを目的とする」ってあるんだ、 これは火災とか感電なんかの事故が起こらないように、一定の資格を持った人じゃないと電気工事してはないけないってことなんだって。 この電気工事ができる資格を「電気工事士」って言うんですって。 そんで、電気工事士の資格なんですが、これには第1種と第2種の2つがあって、 第1種っていうのは、ビル・工場・デパートなんかの500W未満の工事とか、第2種で取り扱かえる住宅・店舗の工事にいたるまで幅広くできます。 さて、第2種ですがこれは住宅店舗なんかの600ボルト以下で受電できる一般の設備工事に従事することができるそうよ。 こんなふうに電気工事士の資格がないことには電気工事をする事ができないんです。 私たちの生活には不可欠な電気の普及に伴い、電気工事士の仕事っていうのはめっちゃ多くなっているんで、求人も結構あるそうです。 その分ニーズも高い電気工事士は、今の不況の世の中には有利な資格になってきます。 電気工事士の試験なんですが、マークシートの筆記試験それに実技試験の2段階があります。 電気工事主任技術者免許を持っている人には第1・2種両方とも筆記試験が免除されるんだって。 後は、高校なんかで電気工学の課程を修めた人っていうのは第2種の筆記試験が免除されているんだって。 または、第1種の免状については試験合格後3年以上または5年以上の実務経験が必要になるんですって。。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 資格取得ナビ All Rights Reserved.